2018年09月16日
但馬オリジナル ATR機「コウノトリ号」の就航

 但馬空港ターミナル㈱では、弊社所有のATR42-600型機(機体記号JA05JC)の機体に、但馬地域をPRするオリジナルの塗装を施すことにしました。機体には、但馬で育まれ、国内各地の大空を翔けるコウノトリの姿をデザインしています。
 このデザイン機は、10月6日(土)から、但馬・伊丹をはじめ、鹿児島、屋久島、奄美群島などを結ぶ路線に就航し、就航先の各地で但馬地域をPRします。
 なお、デザインは、運航事業者の協力を得て、但馬空港推進協議会、地元市町、県、弊社で作成したものです。
 引き続き弊社では、但馬路線の需要喚起、但馬地域の交流促進に努めます。

1 対象機材 ATR42-600型機 1機(機体記号JA05JC)
(7月21日(土)に初就航した弊社購入機)

2 主な就航地 但馬、伊丹、福岡、鹿児島、屋久島、種子島、奄美大島、喜界島、
徳之島、沖永良部、与論、那覇
(運航事業者である日本エアコミューター㈱が運航する路線)

3 就航予定日(但馬空港への初フライト)
平成30年10月6日(土) 2321便(9:20着)
 ※天候及び航空機の運航状況等により変更になる場合もあります。     

4 デザイン

「鸛(コウノトリ)」
   漢字表記を併用することで、搭乗時に乗客の関心が増すことを期待。

5 デザインコンセプト
  『朝日の中を未来に向け飛翔するコウノトリ』

 

 

● 但馬が幸せな未来へ「羽ばたく」「飛躍する」という強いメッセージを表現

●「コウノトリ号」が国内を飛び回ることで、「但馬地域」をPR

 

 

  ・コウノトリの持つ、「優雅」「飛翔」「幸福」のイメージを新型機のデザインに託しています。
  ・但馬を象徴するとともに兵庫県鳥でもある「コウノトリ」を新しい飛行機にデザインすることで、
これからの但馬が幸せな未来へ「羽ばたく」「飛躍する」という強いメッセージを表現しています。
  ・かつてコウノトリが日本の大空を優雅に翔け巡っていたように、新しい飛行機にも国内を飛び
回まわり、但馬地域の知名度の向上にも貢献してもらいます。

(参考)過去の但馬オリジナル・デザイン機(SAAB機)の事例
  ①平成18年~平成22年  「コウノトリ夢ひこうき」デザイン機
              (豊岡青年会議所が公募した地元小学生の作品を採用)

  ②平成27年~平成30年  「竹田城跡」デザイン機
               (「天空の城」で有名な竹田城跡による運行路線PR)

【 関 連 行 事 】
  但馬オリジナル ATR機「コウノトリ号」就航セレモニー

    ATR機「コウノトリ号」の但馬初就航に合わせて、お披露目のセレモニーを
行います。 

 1 日 時  平成30年10月6日(土) 9:20~9:50(午前便の駐機の間)
 2 場 所  但馬空港ターミナル、エプロン(駐機場)内
 3 参加者  但馬空港推進協会長、但馬空港ターミナル㈱社長、但馬県民局長 ほか
 4 内 容  ・日本エアコミューター㈱の機長、CAさんへの花束贈呈
        ・豊岡市立五荘小学校金管バンドによる歓迎の演奏
        ・記念撮影
        ・搭乗客への記念品プレゼント 等
 5 報道機関の皆様へ
   別紙の留意事項をご覧のうえ、取材申込書を提出願います。
報道機関の皆様へ(取材申込).pdf
 6 問合せ先 但馬空港推進協議会(今西・増田)
      TEL:0796-24-2247 FAX:0796-24-1613

2018年07月25日
「ATR42-600型機」 但馬までの道のり(番外編) 

先日のATR42-600型機(JA05JC)がコウノトリ但馬空港に初フライトしたときに、実は、「ルリー」が同行してきてくれていました。
「ルリー」は「たじまる(ボク)」とこの飛行機をフランスから日本まで一緒に運んできた仲間です。(過去の「日本までの道のり(第1回~6回)を見てください」
初めての「コウノトリ但馬空港」にワクワク・ドキドキする「ルリー」です。「たじまる」との再会も間もなくです。

ruri-intajima.png

たじまる:「新しい飛行機がついに、但馬に来たね。」
ルリー :「フランスから、本当に長い空のり※だったなぁ。」 
※空のり≒道のり
たじまる:「鹿児島でもしっかり整備して、飛んできてくれたんだね。」
ルリー :「空港のみんな、但馬のみんなも、喜んでくれるといいな。」

なーんて、こんな会話を2人がしているかどうかは、分かりませんが、2人は、但馬での再会と飛行機の到着を喜んでいるようです。

ruri-&tazimaru20%.jpg

「ルリー」は、短い滞在でしたが、空港を一緒に散策し、お勧めのお土産物を買って、優しい空港スタッフさんに搭乗手続きをしてもらって、但馬空港をあとにしました。
今回のATR機の導入を通して、より仲良くなった「たじまる」と「ルリー」でした。
これからも、この2人をヨロシク!
そして、新しい飛行機が就航した「コウノトリ但馬空港」も引き続き、よろしくお願いします。

番外編3.jpg

2018年07月21日
空港みんなで喜びのお出迎え 新型ATR機[JA05JC]

本日夕方のJAC2323便でTAC購入機(JA05JC)がコウノトリ但馬空港にやってきました。
空港関係スタッフみんなでささやかながらお出迎えをしました。
みんな笑顔でハイチーズ!!

5号機記念写真10%.jpg

コウノトリ但馬空港に新しい仲間が1人?(1機)増えました。
これからもコウノトリ但馬空港とATR機[JA05JC]をよろしくお願いします。

21日働くみなさん9枚パネル25%.jpg

ちなみに、まだ新型ATR機に乗ったことのない「あなた!」
ぜひ、一度、乗ってみてください♪

2018年07月20日
ATR機を鹿児島空港で受領しました!

 但馬空港ターミナル(株)(TAC)が購入手続きを進めてきた「ATR42-600型機」(機体記号JA05JC)については、フランスから鹿児島空港までのフライトの様子を「たじまる」「ルリー」がホームページでお知らせしてきましたが、本日7月20日(金)、鹿児島空港にて受領式が行われ、日本エアコューター(株)社長から弊社社長が同機の引き渡しを受けました
引き渡し式20%.jpg

TAC機15%.jpg

 また、明日21日には、さっそく同機が但馬空港にお目見えします。イベントはありませんが、TAC購入のATR機が但馬-伊丹路線の就航するのを記念して、21日のJAC2323便、2324便ご搭乗のお客様にはTACから「たじまるストラップ」をプレゼントします。
 皆さん、TAC機の登場をお楽しみに!
 ・就航便  7月21日(土) 17:35着(JAC2323便)
       ※天候及び航空機の運航状況等により変更になる場合があります。
 


 

2018年07月19日
〇飛行機で行って・特急バスで帰る AIR&BUSプラン【全但バス】

行き、ビューンと帰り、のんびり

コウノトリ但馬空港(JAC2322便・JAC2324便)を利用すると、帰りの特急バスの料金が大阪発2,000円神戸発1,500円に!!

◆利用対象者◆
往路にコウノトリ但馬空港発(JAC2322便・JAC2324便)を利用し、事前に「AIR&BUSプラン」の利用を申し込まれた本人(小人を除く)

◆利用可能路線◆
・全但特急バス各線
※大阪または神戸発便に限ります。また全但バス運行便に限ります。(湯村ー大阪線の阪急観光バス運行便では使用不可)

☆お申し込み方法☆
◆コウノトリ但馬空港へお越しになる場合◆
①飛行機利用の当日、空港カウンターで「AIR&BUSプラン」の利用を申し出る。その際に「特急バス優待券」をお渡しします。
②特急バスの予約をお客様ご自身で、出発時刻の1時間前までに行ってください。
予約先/城崎営業所  ℡0796-32-2021
湯村温泉営業所℡0796-92-0137
③ご予約された特急バスにご乗車いただき、「特急バス優待券」を提示し、バス車内にて現金で料金をお支払い。

◆事前に旅行代理店でご予約される場合◆
①飛行機利用希望日2日前の17時までに「航空券」および「お帰りの特急バス」を予約してください。
※取扱旅行代理店はチラシをご確認ください。
②旅行代理店発行のクーポン券で特急バスにご乗車ください。

◆本プラン利用時の注意点◆
・特急バス優待券の有効期限は飛行機利用日を含めた3日間です。
・特急バス優待券ご利用の際の料金支払いはバス車内に限ります。また、回数券はご利用いただけません。
(全但バス各営業所、共同運行会社窓口、旅行代理店ではお支払いいただけません。)
・各種割引制度との併用はできません。
・特急バス優待券の再発行は致しません。
・航空券の手配および助成金の申請は、お客様ご自身でお願いいたします。
・特急バス優待券または旅行代理店発行のクーポン券をお持ちのご本人のみ有効です。

AIR&BUSチラシ.pdf