2018年10月06日
但馬空港早朝滑走路マラソンを開催しました

 9月23日(日・祝)の早朝、好天のもと但馬空港で滑走路マラソン(往復2400m)を開催しました。出走した1歳から79歳までのランナー154名全員が完走しました。
 前日から空港のテントサイトでキャンプをしてマラソンに臨まれた方、お子さんをおんぶして参加されたお母さん、手をつないで仲良くゴールされたご夫婦など、皆さん楽しみながら思い思いのゴールでした。
 1位から8位までの方はマラソン終了後、表彰を行いました。
 1位は、昨年を上回る8分ちょうど 宝塚市から参加の鎌野さん
 2位は、8分17秒 豊岡市の佐古さん
 3位は、8分27秒 養父市の小野山さん でした。
皆さん、ご参加ありがとうございました。&お疲れさまでした。

㉚マラソン集合写真.jpg

 マラソン終了後、ランナーの皆さんの寄せ書きには、「楽しかった」「気持ちよかった」などの声が多く寄せられました。
㉚寄せ書き.jpg

スタート.jpg
ラン1.jpg
ゴール1.jpg
寄書.jpg

2018年09月16日
「但馬空の自然教室」の開催について

 親子や家族が気軽に楽しく「空」と触れ合うことのできる機会を提供し、飛行機や空港を身近に感じていただくとともに、コウノトリ但馬空港の利用促進を図るため、「但馬空の自然教室」を開催します。
 当日は、朝便(JAC2321便)に但馬オリジナルATR機「コウノトリ号」が但馬空港に初デビューします。 
        ※ コウノトリ号の就航は天候及び運航状況により変更になる場合があります。

1 日 時:平成30年10月6日(土)10:00~16:00
2 場 所:コウノトリ但馬空港
3 主 催:但馬空港推進協議会、但馬空港ターミナル㈱、兵庫県
4 内 容(予定)
   ① セスナ体験飛行
   ② 体験タンデムスカイダイビング
   ③ フライトシュミレーター体験
   ④ 航空教室
   ⑤ 空港施設まるごと見学会
   ⑥ パイロット・CAなりきり写真撮影会
   ⑦ YS-11型旅客機・エアロコマンダ―680FL展示
   ⑧ 紙飛行機教室
   ⑨ ゆるきゃら大集合&写真撮影会
   ⑩ 豊岡市立五荘小学校金管バンドによる演奏
   ⑪ ATR機「コウノトリ号」缶バッチ作り
   ⑫ ATR機「コウノトリ号」ペーパークラフトプレゼント
   ⑬ お楽しみ抽選会 
 

2018年09月16日
但馬オリジナル ATR機「コウノトリ号」の就航

 但馬空港ターミナル㈱では、弊社所有のATR42-600型機(機体記号JA05JC)の機体に、但馬地域をPRするオリジナルの塗装を施すことにしました。機体には、但馬で育まれ、国内各地の大空を翔けるコウノトリの姿をデザインしています。
 このデザイン機は、10月6日(土)から、但馬・伊丹をはじめ、鹿児島、屋久島、奄美群島などを結ぶ路線に就航し、就航先の各地で但馬地域をPRします。
 なお、デザインは、運航事業者の協力を得て、但馬空港推進協議会、地元市町、県、弊社で作成したものです。
 引き続き弊社では、但馬路線の需要喚起、但馬地域の交流促進に努めます。

1 対象機材 ATR42-600型機 1機(機体記号JA05JC)
(7月21日(土)に初就航した弊社購入機)

2 主な就航地 但馬、伊丹、福岡、鹿児島、屋久島、種子島、奄美大島、喜界島、
徳之島、沖永良部、与論、那覇
(運航事業者である日本エアコミューター㈱が運航する路線)

3 就航予定日(但馬空港への初フライト)
平成30年10月6日(土) 2321便(9:20着)
 ※天候及び航空機の運航状況等により変更になる場合もあります。     

4 デザイン

「鸛(コウノトリ)」
   漢字表記を併用することで、搭乗時に乗客の関心が増すことを期待。

5 デザインコンセプト
  『朝日の中を未来に向け飛翔するコウノトリ』

 

 

● 但馬が幸せな未来へ「羽ばたく」「飛躍する」という強いメッセージを表現

●「コウノトリ号」が国内を飛び回ることで、「但馬地域」をPR

 

 

  ・コウノトリの持つ、「優雅」「飛翔」「幸福」のイメージを新型機のデザインに託しています。
  ・但馬を象徴するとともに兵庫県鳥でもある「コウノトリ」を新しい飛行機にデザインすることで、
これからの但馬が幸せな未来へ「羽ばたく」「飛躍する」という強いメッセージを表現しています。
  ・かつてコウノトリが日本の大空を優雅に翔け巡っていたように、新しい飛行機にも国内を飛び
回まわり、但馬地域の知名度の向上にも貢献してもらいます。

(参考)過去の但馬オリジナル・デザイン機(SAAB機)の事例
  ①平成18年~平成22年  「コウノトリ夢ひこうき」デザイン機
              (豊岡青年会議所が公募した地元小学生の作品を採用)

  ②平成27年~平成30年  「竹田城跡」デザイン機
               (「天空の城」で有名な竹田城跡による運行路線PR)

【 関 連 行 事 】
  但馬オリジナル ATR機「コウノトリ号」就航セレモニー

    ATR機「コウノトリ号」の但馬初就航に合わせて、お披露目のセレモニーを
行います。 

 1 日 時  平成30年10月6日(土) 9:20~9:50(午前便の駐機の間)
 2 場 所  但馬空港ターミナル、エプロン(駐機場)内
 3 参加者  但馬空港推進協会長、但馬空港ターミナル㈱社長、但馬県民局長 ほか
 4 内 容  ・日本エアコミューター㈱の機長、CAさんへの花束贈呈
        ・豊岡市立五荘小学校金管バンドによる歓迎の演奏
        ・記念撮影
        ・搭乗客への記念品プレゼント 等
 5 報道機関の皆様へ
   別紙の留意事項をご覧のうえ、取材申込書を提出願います。
報道機関の皆様へ(取材申込).pdf
 6 問合せ先 但馬空港推進協議会(今西・増田)
      TEL:0796-24-2247 FAX:0796-24-1613

2018年07月25日
「ATR42-600型機」 但馬までの道のり(番外編) 

先日のATR42-600型機(JA05JC)がコウノトリ但馬空港に初フライトしたときに、実は、「ルリー」が同行してきてくれていました。
「ルリー」は「たじまる(ボク)」とこの飛行機をフランスから日本まで一緒に運んできた仲間です。(過去の「日本までの道のり(第1回~6回)を見てください」
初めての「コウノトリ但馬空港」にワクワク・ドキドキする「ルリー」です。「たじまる」との再会も間もなくです。

ruri-intajima.png

たじまる:「新しい飛行機がついに、但馬に来たね。」
ルリー :「フランスから、本当に長い空のり※だったなぁ。」 
※空のり≒道のり
たじまる:「鹿児島でもしっかり整備して、飛んできてくれたんだね。」
ルリー :「空港のみんな、但馬のみんなも、喜んでくれるといいな。」

なーんて、こんな会話を2人がしているかどうかは、分かりませんが、2人は、但馬での再会と飛行機の到着を喜んでいるようです。

ruri-&tazimaru20%.jpg

「ルリー」は、短い滞在でしたが、空港を一緒に散策し、お勧めのお土産物を買って、優しい空港スタッフさんに搭乗手続きをしてもらって、但馬空港をあとにしました。
今回のATR機の導入を通して、より仲良くなった「たじまる」と「ルリー」でした。
これからも、この2人をヨロシク!
そして、新しい飛行機が就航した「コウノトリ但馬空港」も引き続き、よろしくお願いします。

番外編3.jpg

2018年07月21日
空港みんなで喜びのお出迎え 新型ATR機[JA05JC]

本日夕方のJAC2323便でTAC購入機(JA05JC)がコウノトリ但馬空港にやってきました。
空港関係スタッフみんなでささやかながらお出迎えをしました。
みんな笑顔でハイチーズ!!

5号機記念写真10%.jpg

コウノトリ但馬空港に新しい仲間が1人?(1機)増えました。
これからもコウノトリ但馬空港とATR機[JA05JC]をよろしくお願いします。

21日働くみなさん9枚パネル25%.jpg

ちなみに、まだ新型ATR機に乗ったことのない「あなた!」
ぜひ、一度、乗ってみてください♪