お知らせ

 但馬空港ターミナル㈱では、弊社所有のATR42-600型機(機体記号JA05JC)の機体に、但馬地域をPRするオリジナルの塗装を施すことにしました。機体には、但馬で育まれ、国内各地の大空を翔けるコウノトリの姿をデザインしています。
 このデザイン機は、10月6日(土)から、但馬・伊丹をはじめ、鹿児島、屋久島、奄美群島などを結ぶ路線に就航し、就航先の各地で但馬地域をPRします。
 なお、デザインは、運航事業者の協力を得て、但馬空港推進協議会、地元市町、県、弊社で作成したものです。
 引き続き弊社では、但馬路線の需要喚起、但馬地域の交流促進に努めます。

1 対象機材 ATR42-600型機 1機(機体記号JA05JC)
       (7月21日(土)に初就航した弊社購入機)

2 主な就航地 但馬、伊丹、福岡、鹿児島、屋久島、種子島、奄美大島、喜界島、
        徳之島、沖永良部、与論、那覇
        (運航事業者である日本エアコミューター㈱が運航する路線)

3 就航予定日(但馬空港への初フライト)
         平成30年10月6日(土) 2321便(9:20着)
                   ※天候及び航空機の運航状況等により変更になる場合もあります。     

4 デザイン

「鸛(コウノトリ)」
   漢字表記を併用することで、搭乗時に乗客の関心が増すことを期待。

5 デザインコンセプト
  『朝日の中を未来に向け飛翔するコウノトリ』

● 但馬が幸せな未来へ「羽ばたく」「飛躍する」という強いメッセージを表現 

●「コウノトリ号」が国内を飛び回ることで、「但馬地域」をPR

  ・コウノトリの持つ、「優雅」「飛翔」「幸福」のイメージを新型機のデザインに託しています。
  ・但馬を象徴するとともに兵庫県鳥でもある「コウノトリ」を新しい飛行機にデザインすることで、
   これからの但馬が幸せな未来へ「羽ばたく」「飛躍する」という強いメッセージを表現しています。
  ・かつてコウノトリが日本の大空を優雅に翔け巡っていたように、新しい飛行機にも国内を飛び
   回まわり、但馬地域の知名度の向上にも貢献してもらいます。

(参考)過去の但馬オリジナル・デザイン機(SAAB機)の事例   
  ①平成18年~平成22年  「コウノトリ夢ひこうき」デザイン機
              (豊岡青年会議所が公募した地元小学生の作品を採用)

  ②平成27年~平成30年  「竹田城跡」デザイン機
               (「天空の城」で有名な竹田城跡による運行路線PR)

【 関 連 行 事 】
  但馬オリジナル ATR機「コウノトリ号」就航セレモニー

    ATR機「コウノトリ号」の但馬初就航に合わせて、お披露目のセレモニーを
   行います。 

 1 日 時  平成30年10月6日(土) 9:20~9:50(午前便の駐機の間)
 2 場 所  但馬空港ターミナル、エプロン(駐機場)内
 3 参加者  但馬空港推進協会長、但馬空港ターミナル㈱社長、但馬県民局長 ほか
 4 内 容  ・日本エアコミューター㈱の機長、CAさんへの花束贈呈
        ・豊岡市立五荘小学校金管バンドによる歓迎の演奏
        ・記念撮影
        ・搭乗客への記念品プレゼント 等
 5 報道機関の皆様へ 
   別紙の留意事項をご覧のうえ、取材申込書を提出願います。
報道機関の皆様へ(取材申込).pdf
 6 問合せ先 但馬空港推進協議会(今西・増田)
      TEL:0796-24-2247 FAX:0796-24-1613

記者発表資料2018年09月07日
コウノトリ写真コンクール入賞写真の展示

 但馬空港では、コウノトリの羽ばたく姿を塗装したオリジナルデザイン機「コウノトリ号」が10月6日に就航するのを記念して、コウノトリファンクラブ事務局が募集したコウノトリ写真コンクール入賞作品を但馬空港で展示します。
 自然と調和した野生のコウノトリの生きる姿が見事に写真に収められていますので、ぜひこの機会に但馬空港に立ち寄ってご覧ください。

1 展示場所  但馬空港ギャラリー(ターミナルビル1階 多目的ホール前)

2 展示内容
 (1) 展示期間  平成30年9月6日(木)~平成31年3月17日(日)
 (2) 作 品 数  入賞作 13点 
 (3) 展示作品 

作品の題名(撮影地)

撮影者氏名

 星の綺麗な夜(豊岡市)

 岡本 信二

 逆さ但馬富士(豊岡市)

 松本 正和

 狩り(奈良県大和郡山市)

 岩崎 裕二

 こうのとり 川床の目覚め(豊岡市)

 二位 岡野

 夕日のコウノトリ(新潟県新潟市) 

 丹羽 隆一

 愛の賛歌(豊岡市)

 太田 正人

 ひと休み(徳島県鳴門市)

 板東  恵

 探しもの(豊岡市)

 岡  孝好

 あこがれの大空(豊岡市)

 髙橋 秋桜子

 勇姿(和歌山県古座川町)

 鈴木 里司

 仲間たち(京都府久美浜町)

 三宅 憲二

 いのちの煌めき(豊岡市)

 岡畑 大介

 紛れてる(長野県上田市)

 植木 美喜子

3 参考 
<第13回コウノトリ写真コンクール概要>
  ・募集期間:平成29年10月27日(金)~平成30年1月9日(火)
  ・応募点数:一般部門  応募者82名、141点
          スマホ部門 応募者7名、14点

 但馬空港ターミナル(株)では、但馬路線の安全で安定的な運航を維持するため、日本エアコミューター(株)[以下:JAC]の機材更新計画に合わせて新型機材ATR42-600型機購入の準備を進めてきました。
 このたび、フランスATR社で製造中であったその飛行機が6/28に完成し、JACがフランスから日本まで空輸したのち、弊社に引き渡される運びとなりましたので、お知らせします。

1.スケジュール 
  ・6月28日    ・・・フランスATR社にて完成
  ・6月30日~7月4日 ・・・フランスから日本(鹿児島空港)へ空輸
               
鹿児島空港はJAC本社所在地
  ・7月4日~19日 ・・・JACが運航に向けて整備等実施
  ・7月20日    ・・・鹿児島空港にてJAC社長から弊社社長に引渡し(受領式)
   ・7月21日    ・・・但馬空港へ初フライト(夕方2323便
                 ※天候等により変更になる場合もあります。

2.フランスから日本までの空輸レポート 
 弊社が購入する「ATR42-600型機」をATR社から領収するため、現在、JACのスタッフがフランスで最終調整をしています。JACスタッフからのフランスでの領収の様子や、鹿児島到着の様子について写真の提供を受け、弊社のホームページでお知らせします。   

 【参考:空輸スケジュール(予定)】
   6月30日 フランス(トゥールーズ)→ギリシャ(イラクリオン)
   7月1日 ギリシャ→エジプト(シャルム・エル・シェイク)→UAE(アブダビ)
   7月2日 UAE→インド(ナーグプル)→ミャンマー(マンダレイ)
   7月3日 ミャンマー→台湾(台北)
   7月4日 台湾→鹿児島

1
  • Japan Airlines
  • Japan Air Commuter
  • 但馬情報特急
  • 助成制度など 但馬空港推進協議会